汎用プラスチック-熱可塑性樹脂

熱可塑性樹脂

汎用プラスチック

材質 加工方法 2次加工性 特徴 使用用途
PVC
(ポリ塩化ビニル)
切削加工 溶着・溶接・曲げ加工 ・強度、電気絶縁性、難燃性、耐候性、耐薬品性などに優れる
・安価に製造が可能
・着色しやすい
・可塑剤の配合により軟質から硬質まで自由に製造可能
建材、室内壁、床材、防水シート、電線、各種パイプ、半導体関係部品、水道関係部品
PE
(ポリエチレン)
結晶性樹脂
切削加工射出成型   ・水より軽い
・成形性が良い
・耐薬品性
・電気絶縁性
・耐水性良好
雑貨、燃料タンク、ワッシャ、梱包資材、繊維、電気部品、食器、各種容器、配管用パイプ
PP
(ポリプロピレン)
結晶性樹脂
切削加工射出成型 溶接 ・比重が小さい
・繰り返しの折り曲げに強い
・食品衛生性に優れる
・ストレスクラッキング性が良い
・生体適合性が良い
自動車部品、家電部品、各種容器、ヘルメット、絶縁材、梱包資材、食器容器、医療用品
PS
(ポリスチレン)
切削加工射出成型   ・透明性が良い
・軽量
・電気的特性に優れる
・誘電率と誘電正接が低い。高周波特性が良い
・耐候性、耐薬品性
・発砲させやすい
弱電機器の部品、ハウジング、メーターカバー、ランプレンズ、文具、玩具
ABS
(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン)
切削加工射出成型 切断・穴あけ・塗装・メッキ・接着 ・3種のプラスチックの長所をバランス良く保つ。
・アクリロ二トリル…耐熱性、機械的強度に優れる。
・ブタジエン…ゴムの特性:耐衝撃性に優れる。
・スチレン…成形性が良い。電気的特性もOK。
・耐寒性、耐薬品性に優れる
・耐熱性、機械的強度に優れる
・耐衝撃性に優れる
・電気的特性が良い
コンソールボックス、メーターケース、スポーツ用品、家電製品、文具、玩具
AS
(アクリロニトリル・スチレン)
    ・非結晶性で透明
・機械的強度で引張り強さ、弾性率
・荷重たわみ温度が高い
・耐油性、耐薬品性が良い
ジューサー、バッテリーケース、ペン軸
PMMA
(ポリメチルメタアクリル)
切削加工射出成型 溶着・曲げ加工 ・高い透過性(94%)
・強度、剛性が大きい
・耐候性は良好
・低コスト
レンズ等光学製品、照明器具、外観カバー類、計器類、ディスプレイ、液晶部品
PVA
(ポリビニールアルコール)
    ・親水性が強い
・酸やアルカリに溶解や軟化する
・低ケン化度(低鹸化度)のものは溶解する。
・耐油性、接着性や酸素バリア性、造膜性、耐薬品性に優れている
・耐久性がある
包材のラミネート基材、接着剤、コーティング材
PVDC
(ポリ塩化ビニリデン)
    ・難燃性
・耐薬品性にも優れている
・耐水性にも優れている
食品包装用フィルム、繊維
PET
(ポリエチレンテレフタレート)
射出成型 溶着・溶接・曲げ加工(透明系のものに限る) ・耐熱性に優れる。(熱変形温度240℃、連続耐熱温度150℃)
・耐寒性に優れる。(-60℃)
・透明性が良い
・電気絶縁性が良い (耐アーク性:90~120sec)
・耐薬品性が良い
・耐摩耗性 が良い
・耐溶剤性に優れる
・ガラス繊維を配合すると、エンジニアリングプラスチックとして用いられる(耐クリープや耐疲労性が大きく、成形性、寸法安定性が良い。)
・燃やしても有害ガスを出さない
清涼飲料水ボトル、家電部品、繊維、端子類、電装品、食品機械部品

[ プラスチック材料 一覧TOPへ ]

プラスチック加工のご相談