曲げ加工に適している素材は何ですか?

プラスチックの曲げ加工に適した素材と加工方法

プラスチックの曲げ加工加工に適した素材として、PET、PMMA、PVCやPCなどがあります。

曲げ加工の方法は、素材の曲げ部分を熱ヒーター棒や電気炉などで温めた後、治具や木型で加圧して曲げていきます。

その際、注意しなければいけない点として、熱による変色や波打ちといった変形があります。

また、PCのような透明度が求められる素材に関しては曲げ部分に、曇り(濁り)のないように加工していきます。

プラスチックの曲げ加工の種類と対応サイズ

プラスチックの曲げ加工は、L字、V字やコの字、R曲げといった形状で製作されます。

PCにおいては加工した樹脂を通して先が見えるような、機会カバーや衝立てなどに使用されることが多いです。

対応サイズは、板厚は通常1t~10t位まで、大きさは最大1,000mm×1,800mmまで対応可能です。

素材や形状を理由に他社さまでお断りされた場合でも、弊社にて対応させていただいたケースは数多くございます。

曲げ加工の素材や曲げ方についてお困りの場合は、是非とも弊社に一度お問い合わせください。
>>お問い合わせフォーム