流通する99%の樹脂素材を加工

世間に流通するプラスチック素材の99%が加工可能です

熱可塑性樹脂から熱硬化性樹脂まで、幅広い樹脂素材の加工に実績があります。
プラスチック切削材料、プラスチック成形材料には、用途に応じ適した材料が
あります。樹脂の特性を理解した担当者が、お客さまのニーズに最適な材質をご提案いたします。

樹脂素材の種類 ポリエチレンなどの汎用プラスチックからピークと呼ばれるスーパーエンプラ、エポキシなどの熱硬化性樹脂まで、加工が可能です。
樹脂の配合 違う樹脂を配合することによってプラスチックの強度や柔軟性を調整することができ、幅広いニーズにお応えすることが可能です。
新素材への対応 樹脂の種類は研究開発によって年々増えいきます。
当社でも新素材の加工に対応できる体制を整えております。

プラスチック加工は、成形機の温度設定も、季節・気温・湿度によって変更する必要があり、それに伴う熱膨張率も公算して温度設定する必要があります。
当社は経験豊富な技術者(プラスチック成形技能士)が責任をもって、作業に取り掛かっています。

加工可能なプラスチック素材

汎用プラスチック PE(ポリエチレン) / ABS(アクリロニトリル・ブタジエン・スチレン) / PVC(ポリ塩化ビニル) / PMMA(ポリメチルメタアクリル) / PP(ポリプロピレン)
エンプラ PA(ナイロン) / POM(ポリアセタール) / PC(ポリカーボネート) / PET(ポリエチレンテレフタレート) / UHPE(超高分子量ポリエチレン) / PBT(ポリブチレンテレフタレート) / U-PE(超高分子量ポリエチレン)
スーパーエンプラ PPS(ポリフェニレンサルファイド) / PEEK(ポリエーテルエーテルケトン) / PI(ポリイミド) / PEI(ポリエーテルイミド) / PBI() / PTFE(ポリテトラフルオロエチレン) / PAI(ポリアミドイミド) / PVDF(ポリフッ化ビニリデン) / PCTFE(ポリクロロトリフルオロエチレン)
熱硬化性樹脂 PF(フェノール) / EP(エポキシガラス) / SI(シリコンガラス) / ユリア樹脂(UF) / MF(メラミン樹脂)

↓ 加工可能な素材の一覧はこちら